投稿日:2021年7月11日

現場監督の仕事に忙しい時期ってあるの?

こんにちは!
東京都立川市に拠点を構える株式会社尾上総建です。
弊社では、東京都内を中心に関東一円で店舗やスーパー・飲食店などを対象に、防水工事や外壁塗装工事、新築工事・改修工事、内装仕上工事の施工管理を手掛けています。
「現場監督の仕事はいつが忙しいの?」「どんなときに忙しくなるの?」という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?
「これから現場監督の仕事を始めてみようかな?」と考えている方にとっては、知っておきたい情報の一つですよね。
今回は、「現場監督の仕事に忙しい時期ってあるの?」をテーマにお話ししたいと思います。
ぜひ最後までご覧ください!

現場監督の仕事の中で特に忙しい時期は?


現場監督が忙しいといわれている時期は、「乗り込み時」と「竣工前」です。
「乗り込み時」と「竣工前」に忙しくなるのはなぜでしょうか?
「乗り込み時」と「竣工前」が忙しい理由をみていきましょう。

「乗り込み時」が忙しい理由

「乗り込み時」とは、建設業界用語で「工事を始める直前あたり」の時期を指します。
全ての関係部署の調整役である現場監督は、調整作業が多い「乗り込み時」は忙しくなります。
工程表・施工計画書・施工計画図などの作成、役所での手続き、発注元や下請け企業との打ち合わせ、近隣住民への挨拶など、全て調整業務が必要になるものばかりです。
現場監督は次々と判断を下していかなければなりません。
そのため、「乗り込み時」には、現場監督は東奔西走する必要があります。
工事が始まって仕事が軌道に乗れば、現場監督も通常の忙しさに戻ります。

「竣工前」が忙しい理由

竣工とは、工事の完成のことをいいます。
つまり「竣工前」は、工事におけるすべての作業が終わる少し前の時期を指しています。
この時期には、現場監督は大量の書類を作成しなければなりません。
現場の規模が大きくなればなるほど、役所や発注者の検査は多項目にわたります。
特に、公共事業など、国や自治体が関わっている工事では、それが如実に表れます。
「竣工前」の検査は最終チェックです。
現場監督自ら同行し、修正が必要な箇所があれば、すぐに職人を呼び寄せて対応させる必要があります。
納期が迫っているだけに、気が抜けない日々が続くといえます。

【求人】現場監督として働きませんか?

尾上総建では、一緒に働いてくださる現場監督を募集中です。
経験者はもちろん、業界未経験者の方も大歓迎です。
将来性の高い安定した業界です。
一生ものの技術を身に付けて、活躍しませんか?
尾上総建では、皆さんが見せてくれる頑張りや成長を正当に評価しています。
保険・福利厚生はもちろん、資格取得手当や職務手当・休日手当など諸手当も豊富です。
また、資格取得支援制度・独立支援制度も完備していますので、ステップアップを目指す方にも最適な職場です。
ぜひお気軽に採用情報からご応募ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

株式会社尾上総建
〒190-0022
東京都立川市錦町5-8-19カール立川102
電話:042-512-8401 FAX:042-633-0484

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

【求人募集】意欲・成長をしっかりと評価します!

【求人募集】意欲・成長をしっかりと評価し…

こんにちは!株式会社尾上総建です。 弊社は東京都内を中心に関東一円で店舗やスーパー・飲食店などを対象 …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社尾上総建では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上に施主さまにご満足いただける施 …

【経験不問】一人前の現場監督をめざしませんか?

【経験不問】一人前の現場監督をめざしませ…

こんにちは!株式会社尾上総建です。 弊社は東京都内を中心に関東一円で店舗やスーパー・飲食店などを対象 …

採用情報 BLOG